ラップタイムを基準とした、2種類の尺度を設定
隔月で計測会を開催し、2つのランキングを作成します

ドライバースキルを認定する独自のシステム

袖-1 Driver’s Score(ネット)

  • インストラクターが出したノーマル車の基準タイムからタイムを縮めるごとにスコアアップ。
  • タイム1.00秒短縮でスコアが1.00アップ(小数点以下2位まで計測)
  • チューニングで上がったタイムもすべてスコアに反映します。
    ドライビングテクニックでタイムを上げるのもチューニングで上げるのも楽しみです。
    ※最低限の車両レギュレーションがあります。
  • ジェントルマンスコア
    レーシングスーツ、シューズ、ハンスデバイス、4点以上のハーネスを装着しているドライバーはすべてスコアを0.2ずつアップします。
    ・FIA現行公認(8856-2000)[写真左]・・・0.2ずつアップ
    ・FIA旧規格(1986-STANDARD、ISO6940)[写真中・右]及びカート規格(CIK-FIA)・・・0.1ずつアップ
    ※ネックサポートの「DefNder」については2016年シーズンより0.1アップとなります。
    FIA公認の詳細については、車検/装備品チェックの際にレース・オフィシャル経験のあるスタッフが確認します。
  • 計測会でホワイトラインカット、フラッグ無視、ピットロード速度オーバー,その他ルールやマナーに反する行為があった場合はその走行枠のリザルトを抹消します。
  • コンディションによるスコア補正があります。
    天候、気温、路面状況によりスコアを補正し、シーズンに依存しないスコアを構築します。
    気温:気温20℃を基準点として、1.0℃上昇で0.1スコアアップ
    路面状況:ドライを基準として、ウェットの度合いに応じてスコアアップ
    ※2017年シーズンよりFF車・AWD(4WD)車とFR車・MR車・RR車でスコアアップ率が異なります。
     係数についてはコンディションによって異なります。
    ※2017年シーズンよりWETコンディション時には、走行時間中にコンディションが変化する事を鑑みて、走行後に
     スコアを再設定する場合があります。
  • 基準タイムは、同一車種のオーナー3名以上の署名をもって、再設定の嘆願を出すことができます。
太字/下線部は2017年シーズンの変更点になります。

純粋なタイムランキング

袖-1 Best Laps(グロス)

  • 袖-1GP開催時のベストタイムでランキングを作成します。
  • 参加台数が多くなった場合、排気量等でクラス分けを行いランキングを作成します。