Rd.2のリザルトを公開しました

こんにちは!

大変遅くなってしまいましたが、4/29に開催されましたクムホタイヤプレゼンツ袖-1GP 2016 Rd.2にご参加頂きました皆様、

ご参加ありがとうございました。 

今回も、3名の新規エントラント様が新たに仲間入り、フェアレディZ Z33・NDロードスター・AUDI S3が初参戦という事で、

今回もトピックスが盛りだくさんのラウンドとなりました。

また、昨年ご参加頂いた方や2014年のRd.0にご参加頂いた方にも帰ってきて頂きました。改めまして、おかえりなさいませ!

次戦以降も引き続き、ご参加お待ちしております!!

 

さて、大変お待たせしてしまいましたが、Rd.2のリザルトを公開しましたのでご覧下さいませ。

リザルト

※年間ランキングは、現在更新中です。もう少々お待ち下さい。。。

 

 

前回に引き続き?雨が残ったRd.2はコンディション補正+1.00にてSession1がスタート。2コーナー先に残っていた川がタイムアタックを妨げますが、徐々にペースアップ。前回WETの中で苦戦したましゅ~選手がセッション中盤に唯一の14秒台となる1’14.441をマーク。このタイムがトップタイムとなり、スコアも5.44とさすがのスコアをマークするも、これを上回るスコアを記録したのがABARTH 500を駆るB3雪風選手。TOTALスコア6.51をマークしてSession1のトップスコアを記録します。

Session2では、そのB3雪風選手がガードレールにヒットしてしまうなど波乱があったもののSession1のスコアで逃げ切り。初のトップスコアとなりました。

路面状況は回復したものの気温が上昇したSession2ではスコアを更新した選手は少なく、B3雪風選手に続いたのは前回3位のlin lin選手。自己ベスト更新とはならなかったものの5.62をマークし2番手に入りました。3番手はSession1・Session2共にトップタイムを記録したましゅ~選手、今回の袖-1 Best Laps 1位に輝きました。

前回トップスコアだったイワロック選手はドライ路面になった今回は2.57で14位に終わったものの、前回記録したスコアで引き続き年間ランキングの首位を死守。

次戦以降、この「7.16」を超えるスコアを記録するドライバーが現れるかどうか、が注目されます。

 

次戦は7/9(土)、今シーズン初の単独開催となります。

昨シーズンと同様、午前中に走行を行いお昼過ぎには終了するスケジュールにて開催する予定です。

開幕戦から参戦頂いているドライバーの方は次戦も参加頂くと賞典対象となりますよ(^-^)

25台以上エントリー頂いた際には2グループに分けられるよう事務局にて検討しますので、ぜひお誘いあわせの上、

ご参加お待ちしております!!

 

 

(袖-1GP実行委員会 カトウ)